白内障に効くサプリとは?

 

白内障とはどんな病気?

 

白内障という病気をご存知の方は多いのではないでしょうか。目の病気です。しかしその一方で、その具体的な内容は知っているという方は意外に少ないのではないかと思います。

 

白内障になると、目が白くなります。この症状に関しては認知度は高いかも知れません。白内障とは具体的に、目の中の水晶体が濁ってしまう病気です。本来目とは、色々な役割を持つ要素の集合体であり、そこには黒目と白目の両方が存在します。

 

その内、黒目、つまりレンズの部分が濁ってしまうものを白内障と言います。イメージがつきにくいという方はカメラを想像してみてください。もしもレンズが白く汚れていたとしたら、物が綺麗に映らないことはすぐお分かりいただけるかと思います。

 

白内障もこれと同じ症状をもたらします。日々の生活の中で見えるものすべてが、ぼやけたり霞んで見えたりしてしまうのです。日常生活において、目に異常があることは大変な問題となります。

 

視界が見えにくいことが原因でストレスとなったり、人によっては外出に対する抵抗心を持ったりしてしまうかもしれません。白内障に関する治療方法は、以前と比べるとずっと進歩しています。そのため、手術によって治すことも可能です。白内障は自然治癒することは無い上に放置しておけばますます症状が進行してしまう病気ですから、手術を受けることが現状望ましいと言えます。

 

また、加齢による発症も多いです。しかし、若いから安心というわけでもないことは頭に入れておいてください。最近では片方の目にしか症状が出ていないから大丈夫だと考える方がいるようですが、その考えは改めるようにしましょう。片方に出た場合、最後には必ず両方の目を侵してしまうのが白内障なのです。

 

白内障の状態を放っておくと…?

 

白内障は基本的に、発症後すぐに手術はしなくても問題ないと言われています。しかし、それはあくまでも進行度合いが深くない場合の考え方です。絶対に手術を受けなくてもいいという訳ではなく、またいずれは必ず手術を受ける必要があるということは覚えておきましょう。

 

白内障による失明を恐れている方もいるかと思いますが、実際にそこまでの症状が出るのは合併症が起きた場合のみだと言われています。しかし、だからと言って安心してはいけません。白内障の手術は症状が悪化するほど困難となるため、放置を続けた挙句、結局手術を受けることになった場合には、失敗のリスクが高まっているというわけです。

 

また、リスクが高まる理由は手術の内容にあります。白内障の現在の一般的な治療方法は、濁った部分を超音波で砕き、吸引するというものです。つまり、濁った部分が多いほど吸収すべき濁りも増えるため、目に対する負担が大きくなってしまうのです。

 

点眼薬や内服薬にも抑制効果はある一方で治癒効果はありません。症状が悪化してしまったとしても、これらのアイテムによる改善は望むことができず、私生活に支障が出る程進行してしまった場合には、結局手術を受けざるを得ないということです。

 

また、白内障が進行すると水晶体が固くなってしまうため、超音波で濁った部分を砕くのが難しくなってしまいます。超音波で砕くことができないという状況になった場合には、そのままの状態で水晶体の濁った部分を取り出さなければならないため、大きな穴を開ける必要が出てきます。その場合には縫うことになりますので、不安な要素が急増します。

 

白内障の手術を受けることは確かに急がなくても大丈夫ですが、あまりに放っておくと大変な事態を招きかねません。眼科で定期的に状態を確認し、手遅れにならないように気を付けましょう。

更新履歴