白内障治療のための眼科選び

トップページ 白内障治療のための眼科選び

白内障治療のための眼科選び

病気や怪我をした際に、みなさんは何を基準として病院を選択していますか。

 

当然と言えば当然ですが、皮膚に問題があるのであれば皮膚科を探しますし、耳に異常が見られるようであれば耳鼻科に足を運ぶかと思います。

 

しかしながら、目の病気である白内障に関して言うと、眼科に行くことが正しいとは限らないのです。例えば、目に異常を感じて眼科行ったとします。そこでは老眼だと診断されたはずが、やはり様子がおかく感じられ別の日に他の病院へ行ってみると、白内障だと診断される、というケースもあります。

 

眼科に行くにしても、しっかりと診てもらえる、いわゆる信頼における病院を選択するようにしましょう。そうすれば安心ですし、また早期発見に繋がることも少なくありません。さらに、先生によって経験が異なることも考慮すべきでしょう。

 

目の健康を害することは、日常生活に支障をきたすことと同義です。近くの眼科で診察を済ませたいという気持ちは分かりますが、やはり一番に重視すべき病院選びの点は、そこの医師が信頼できるかどうかという部分にするのがよいのではないかと思います。

 

定期検査はひと月から数ヶ月に一度のペースで済みます。多少遠かったとしても、そこに信頼できる医師がいるのであればそちらを優先すべきでしょう。

 

白内障の世界には、赤星隆幸先生という有名な医師がいます。プレチョッパーという器具を用いたプレチョップ法を考案した医師で、これを活用することにより短時間でかつ安全な手術を行えるようになったのです。

 

赤星先生は三井記念病院に勤務しておられますが、有名な医師のため、なかなか予約が取れにくい状態にあるようです。気になる方は、プレチョッパー法を用いた手術を行っている眼科が他に無いか調べてみてはいかがでしょうか。