食事による白内障の予防

トップページ 食事による白内障の予防

食事による白内障の予防

万が一、白内障になってしまった場合には、薬物療法によってその進行を抑制するか、あるいは手術によって完治を試みるかのいずれかの対策を取る必要があります。しかし、これはあくまでも白内障になってからの話になります。

 

では、白内障を「予防」するためにはどのように心がければ良いのでしょうか。ここで注目するのが、食生活です。特に、食材そのものではなく摂取できる栄養素に目を向けることが大切です。

 

中でも欠かせないのがビタミンCです。日々の食生活の中でビタミンCをしっかり摂取できているかを今一度振り返ってみてはどうでしょうか。ビタミンCには、水晶体内のたんぱく質の酸化を抑制する効果があるとされています。なおその摂取方法ですが、サプリメントを用いるよりも食べ物から摂取した方が効果的のようです。

 

また、白内障は年を取ってかなることが多いです。そのため、老化を避けることができる食事生活にすると、白内障の予防に繋がるようです。老化の速度を緩ませることは困難です。具体的な方法としては、抗酸化作用を含む食材を摂取するというものがあります。これによって、老化の原因となっている活性酸素の量を減少させることができるのです。

 

実は抗酸化作用を持つ食材というのは、身の回りに多く存在します。にんじんやパセリ、トマト、ブロッコリーなどがそうです。野菜を意識して摂取するような食生活であれば、自ずと白内障の予防に繋がるかと思います。脂っこい食事を下げ、野菜を豊富に取り入れるよう心がけましょう。

 

このように健康を気にかけた食事をすることが、白内障の予防へと繋がるのです。ブルーベリーは目に良い食材だと言われていますが、その理由というは、ブルーベリーの中には抗酸化作用が含まれていることにあります。ブルーベリーを積極的に摂取することもひとつの予防になります。