白内障と視力にはどんな関係が?

トップページ 白内障と視力にはどんな関係が?

白内障と視力にはどんな関係が?

白内障が、黒めの部分が白く濁ってしまう病気だということは多くの方が理解していると思います。しかし、そうした見た目以上の問題が、白内障には潜んでいます。黒めの部分が白く濁ると言いましたが、さらに細かく言えば白くなるのはピントを調整する水晶体です。

 

つまり、ピントの調整機能が低下し、視力が失われていくのです。酷くなれば物が霞んで見えてしまったり、物が二重、三重に見えてしまったりといった症状が現れます。

 

さらに、白内障の症状が悪化した場合には、視力の低下に加え目に映るものが黄色っぽく見えるという現象も起きます。私たちは普段、ものを見る際には外界から入りこんだ光が水晶体を通り刺激として受け取っています。そのため水晶体の濁りがもろに視覚へと影響を及ぼすのです。これが視力の低下という形になって現れます。

 

とは言え、必ずしも視力が低下するというわけではありません。一言に水晶体が濁ると言っても、どのあたりが濁るのかによって、視力が低下するかどうかが異なってきます。場合によっては、視力がほとんど影響を受けないということも可能性としてはあります。

 

ただ、白内障が進むということはそれだけ濁りが酷くなるということでもあります。そのまま放っておけば、やがてはみな、視力を失うことになってしまいます。

 

白内障となり、もしも眼鏡での視力補助などが追い付かないほどの状態になったなら、手術を検討しましょう。白内障を完全に治療するには手術を受けることが必須となります。不安な気持ちにはなるかと思いますが、白内障の手術はそれほど難しいものではありません。信頼できる眼科を探し、手術を検討してみてください。