老人性の白内障

トップページ 老人性の白内障

老人性の白内障

白内障の中で最も患いやすいと言われているのが、老人性白内障になります。これはその名の通り、年を重ね高齢になることが起因となり発症する病気になります。年齢が上がるほどその発症率は高まります。90歳ではなんと、90%程度の人が罹っているとされています。

 

また、その他の年代の発症率ですが、40代では10〜20%と低めなのに対し、50代ではその数値が50%にまで跳ね上がります。

 

日頃から眼科の定期検査を受けているという方は少ないのではないかと思います。しかし、この数値を鑑みるに、40代後半に差し掛かる頃には定期検査を受けるようにすることが懸命なのではないでしょうか。

 

白内障は決して手術が必ず必要となるような病気ではありませんが、しかし一度発症してしまえば、完治するには手術以外に道はありません。また、生活に支障をきたすほど症状が悪化した場合には、手術を受けざるを得なくなることもあります。

 

しかし、早期に発見することができれば、症状が悪化するよりも早くに対策を取り、その進行を抑えることも可能です。症状は一気に進行するものではありません。そのため数ヶ月ごとの定期検査でも十分に間に合います。多少の面倒を感じるかもしれませんが、手術に対する恐怖や不安があるのであれば、検査を受けることは非常に大切な対策となります。

 

白内障は何も珍しい病ではなく、多くの方が患っている病気になります。仮にそうだと診断されたとしても、ショックを受ける必要はありません。いまではその治療技術も発達を遂げており、従来のものよりさらに安全な手術が実現可能となっています。それに、白内障と言えば一般的には老人性のものを指します。若い内から罹ること自体はそれほど多くはないのです。